医学部 臨床医学腎臓内科学Nephrology

JapaneseEnglish

研究室HP

20190427 腎内集合写真(医局)

腎臓内科学教室は1974年4月1日に開設され、診療と講義を開始した。さらに診療・研究面では,外来・入院に加え、透析(現在の血液浄化)センターを管理し、末期腎不全および急性腎不全や、種々の疾患の診療・研究に当たっている。とくに腎移植は,1975年3月24日の石川県初の腎移植以来、泌尿器科との腎移植チームにより実施しており,生体腎移植は255例、死体腎移植は65例を数え、良好な成績をおさめている。また,腎生検は2,502例に達する(いずれも2020.06.30現在)。 これらに基づいた臨床病理・臨床疫学研究とこれに関連した基礎研究を行っている.
教育面では、ユニット講義、BSL(Bed Side Learning)、CCS(Clinical Clerkship)、PBL(Problem-Based Learning)などにおいて、医学用語の基礎から始まり、問題解決能力を身につけるまで教室員が一丸となって指導している。学生・研修医・研究者にとって魅力ある腎臓病学であることを目指している。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(Ext.3403) +81-76-286-2211 / FAX: 076-286-2786 +81-76-286-2786 / Email: nephrol@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 横山 仁 40横山先生2

特任教授

  • 古市 賢吾

臨床教授

  • 齋藤 淳史(氷見市民病院)

臨床准教授

  • 足立 浩樹
  • 藤本 圭司

学内講師

  • 林 憲史
  • 向井 清孝
  • 沖野 一晃

助教

  • 大串 勇気
  • 岡田 圭一郎
  • 野村 佳苗
  • 松浦 寿一
  • 宮竹 敦彦
  • 山崎 恵大
  • 鶴山 祐子

主な研究業績

部門別研究業績

  • Hiroki Adachi, Keiji Fujimoto, Ai Fujii, Keita Yamasaki, Keiichiro Okada,Toshikazu Matsuura, Kazuaki Okino, Kengo Furuichi & Hitoshi Yokoyama : Long-term retrospective observation study to evaluate effects of adiponectin on skeletal muscle in renal transplant recipients: Scientific Reports vol10  Article number: 10723 2020
  • Keiichiro Okada, Kanae Nomura-Nakayama, Yuki Okushi, Kazuaki Okino, Kiyotaka Mukai, Norifumi Hayashi, Keiji Fujimoto, Hiroki Adachi, Hitoshi Yokoyama :Changes in Double-Strand DNA Breaks Predict Delayed Graft Function (DGF) in Japanese Renal Allograft Recipients , Clinical and Experimental Nephrology, 24:96-104, 2020
  • N.Hayashi, K.Okada, Y.Matsui, K.Fujimoto, H.Adachi, H.Yamaya, M.Matsushita, H.Yokoyama :Glomerular mannose-binding lectin deposition in intrinsic antigen-related membranous nephropathy, , NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION, 33:832-840, 2018
  • Yokoyama H, Sugiyama H, Narita I, Saito T, Yamagata K, Nishio S, Fujimoto S, Mori N, Yuzawa Y, Okuda S, Maruyama S, Sato H, Ueda Y, Makino H, Matsuo S: Outcomes of primary nephrotic syndrome in elderly Japanese: retrospective analysis of the Japan Renal Biopsy Registry (J-RBR). Clin Exp Nephrol, 19(3): 496-505, 2015.
  • Fujimoto K, Imura J, Atsumi H, Matsui Y, Adachi H, Okuyama H, Yamaya H, Yokoyama H : Clinical significance of serum and urinary soluble urokinase receptor (suPAR) in primary nephrotic syndrome and MPO-ANCA-associated glomerulonephritis in Japanese. Clin. Exp. Nephrol. 19: 804-814,2015

主な外部研究資金

  • 基盤研究(C)二重鎖DNA障害による超急性期から慢性期におよぶ移植腎機能障害の解析 横山 仁 2018-2020
  • 基盤研究(C)疾患特異的iPS細胞を用いた急性腎障害に対する腎修復機序の解明 古市 賢吾 2019-2021
  • 若手研究 可溶性ウロキナーゼ受容体を指標とするネフローゼ症候群の新たな診断・治療指針の確立 藤本 圭司 2018-2020
  • 若手研究 DAAs治療後HCV感染腎移植レシピエントの腎予後及び生命予後の検討 沖野 一晃 2020-2022
  • AMED研究 腎疾患実用化研究事業(マージナルドナー腎移植の安全性に関する新規エビデンス創出研究)横山 仁、古市賢吾 2018-2020